トップページお菓子のご紹介朝生菓子>端午の節句(柏餅・粽)

柏餅(三種)

端午の節句は古く中国から奈良時代に日本に伝わった行事です。
江戸時代には男児の健やかな成長を願い、出世の象徴として鯉のぼり
を立てるようになり、お祝いには粽や柏餅が食されました。
粽には悪魔を払う意味が込められ、柏の葉は新芽が出るまで古い葉を
落とさない為、家系が絶えないと信じられていたそうです。

柏餅(三種)

蓬入新粉製 小豆つぶ餡仕立て

新粉製(白)小豆こし餡仕立て

新粉製(赤)木の芽入みそ餡仕立て

1コ:200円(税抜)

【日持ち】2日
※朝生菓子は発送除外品です。(店頭販売のみ)

無地(白)・小豆・抹茶風味

3本束 1,000円(税抜)
5本束 1,650円(税込)

【日持ち】2日
※5本束/無地(白)3本、小豆1本、抹茶1本
※朝生菓子は発送除外品です。(店頭販売のみ)

柏餅、粽セット

柏餅各種1個、粽(白・抹茶)

1セット 1,150円(税抜)

【日持ち】2日
※朝生菓子は発送除外品です。(店頭販売のみ)